ベランダとバルコニーやテラスの違いとは

カテゴリー
TOP|施工事例|その他のお困りごと|ニュース|ベランダとバルコニーやテラスの違いとは

家づくりや住まい探しをしていると「ベランダ」や「バルコニー」、「テラス」という言葉をよく耳にします。何となく家の外の空間というイメージを持つ方も多いと思いますが、この3つの言葉はそれぞれ違う場所を意味しています。では、ベランダ、バルコニー、テラスの3つの違いとはどのようなものでしょうか?それぞれの特徴とその違いについて詳しく見ていきたいと思います。あわせてメリットとデメリットについてもご紹介します。

ベランダとは

建物の外に張り出した手すりつきの開口部で、真上に屋根やひさしを設けてあるスペースです。屋根があるので雨よけになり、洗濯物を干すのに適しています。マンションでは、屋根となる部分が上階のベランダになっているのが一般的です。ベランダには、非常時に突き破って隣の部屋に移動することができる薄い仕切りや、下の部屋に移動する避難用の梯子が備えつけられています。

バルコニーとは

バルコニーは、室外に張り出した屋根がない手すり付きの屋外スペースを指します。バルコニーは屋根で日差しが遮られないため、日当たりがよく開放感があるのが特徴です。最近では階下の屋根部分を利用したルーフバルコニーも人気です。

テラスとは

テラスとは、基本的に1階のリビング前などに突き出して設置されたスペースを指します。フランス語では「盛り土」を意味することから台上になっており、庭とはスペースを区切るように一段高くなっていて、リビングとつながっていることも多いです。素材はタイルやウッドデッキ、コンクリートなどが使用されています。

マンションにおいては「共用部」となる

ベランダとバルコニーは、マンションなど集合住宅においては「共用部」となります。そのため、リフォームを行う場合にも制限があり、組合などへの届け出が必要な場合もあります。

このように、それぞれ違った意味なのですが、建築基準法においては、これらの言葉は区分されていません。ただし、バルコニー等としては構造や屋根の有無、手すりの高さなどには細かな規定があり、建ぺい率や延床面積の計算などに利用されています。

ベランダのメリット・デメリット

屋根やひさしがあるベランダは、雨風をしのぎやすいのが最大のメリットです。また、太陽光を遮ってくれるのもメリットです。夏場で日差しの強い日には、室内の温度上昇を防ぐ効果も発揮します。

一方で、日差しを取り入れたい時に、屋根があるぶん採光しにくい場合も。周辺に高い建物がある環境や北向きに建てられた住宅だと、日当たりが悪く感じる場合もあるでしょう。

バルコニーとテラスのメリット・デメリット

バルコニーやテラスには屋根やひさしがなく、日差しを目一杯取り込めるのがメリットです。明るく開放感のある空間を作りたい方に適しています。バルコニーとテラスに面している部屋に明るさを確保できるほか、寒い冬場は室内を温める効果も発揮します。また、テーブルやイスを置けば、屋外のリビングのようなイメージで活用できるのが魅力です。食事やティータイム、日光浴などくつろぐ場所として使われるほか、洗濯物を干す場所としても役立ちます。バーベキューや家庭菜園、ガーデニング、子どもの遊び場としても活用可能です。

ただし、日当たりを確保できる反面、夏場は暑すぎる場合があります。バルコニーとテラスに面した部屋の温度が上昇し、エアコンの消費電力が気になるケースもあるでしょう。強い日差しが気になる場合は、日差しを遮ることができるオーニングやシェードなどを利用して対策する方法があります。また、屋外にあるためどうしても汚れやすく、気持ちよく使うためにもこまめな清掃が必要です。

プライバシー面と防犯面を意識する。

ベランダ、バルコニー、テラスは、近隣の住民や通りかかる人の視線にさらされやすい環境であり、防犯面で少し不安があります。空き巣被害において侵入経路としてよく使われます。プライバシーの確保や防犯対策として、侵入しにくい手すりやフェンスを設置すると良いでしょう。

おわりに

ベランダやバルコニー、テラスなど、家の中と外を繋ぐ空間はとても魅力的に感じますよね。マイホームを建てる時にはぜひ採用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。それぞれ呼び方だけでなく、微妙に定義が異なることがわかりました。それぞれの特徴と注意点を知った上で、家の中と外を繋ぐ空間の設計を検討してみてくださいね。

こだわりポイント沢山のグランピング施設の全貌公開!

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|こだわりポイント沢山のグランピング施設の全貌公開!

兵庫県丹波市山南町にできるグランピング施設の施工に関わらせていただきました。

浴槽とトイレの棟

東屋からお風呂に!蔵を宿泊施設にとリフォームいたしました。 その全貌を公開いたします。

浴槽棟

まずは、お風呂ですが、檜の浴槽、洗面室、トイレをつくりました。

浴室は、壁に「うずくり」という焼板も使っており、とってもいい香り&高級感です。

また、山の景色が見えるようにと大きい窓もこだわりのポイントです。

洗面室は洗面台と鏡が2つあり、ゆったりと使えるようになっています。

テラスもあり、ここでのんびりするのもよさそうですね。

宿泊棟

次に、蔵の宿泊施設ですが、2つの蔵があり、それぞれ2階建てでした。

蔵の1つに、中に切り株があり、びっくりしたのも印象的です。

2階のフローリングも檜なので、こちらも良い香りがして、リラックスしていただけると思います。

また、蔵独自の重たい扉を、開閉しやすい一般的な扉にしました。

柱などの部分はそのまま使用し、綺麗にして活かしています。

あとは、家具などが入るだけ、とってもわくわくしますね。

Instagramで詳しく紹介しています。

https://www.instagram.com/miyashita_iiie/

巾木の役割と種類について

カテゴリー
TOP|ニュース|大工こぼれ話|巾木の役割と種類について

「巾木」という言葉を聞いたことはありますか。普段生活していく中で、聞きなじみのない言葉かもしれませんが、とても重要な役割を担っているものになります。そこで今回は、巾木とはどのようなものなのか、特徴や種類についてご紹介していきたいと思います。

巾木とは

壁と床の境目に取り付ける部材のことを指します。およそ3〜10cm程度であることが多いため、普段はあまり意識しない方も多いかと思います。

家づくりでは床材と壁材を接合する際に隙間ができます。その隙間を隠して見た目やデザインをきれいにしたり、おしゃれにしたりする役割をもっているのが巾木です。地震の時には緩衝材として壁と床の間に巾木を入れることにより、衝撃を分散させ、住宅を守る役割も果たす頼もしい存在です。

陰で支える存在

掃除の際などぶつけたり、汚したりすることで壁のクロス等が駄目になってしまうことがありますが、そのような状況から守るといった役割も存在しています。クロスや壁が汚れたり、駄目になってしまったりした場合は、全体を取り替える必要が出てくるため、毎回修理するとなると大変ですよね。しかし巾木があれば、その場所だけ取り替えることができるため、費用面や手間も省くことができます。

このように巾木は地味なものかもしれませんが、住宅や建物を支える上で、複数の面で役立っています。

巾木の種類

木巾木

木巾木は、木造住宅で使われる一般的な巾木です。厚みがしっかりしており、剥がれない性質で、木の質感で豊かな自然の風合いを出せる特徴があります。木巾木の中央部分には溝があり、通常は接着剤と細い釘で固定します。この溝の目的は固定するときに釘頭を隠す(目立たない)といった役割があります。そのほかにも床材などと同じ色や材料を使うことで部屋全体に統一感をもたせることができるというメリットがあります。

ソフト巾木

ソフト巾木は、主に塩化ビニル素材で作られており、柔軟性を持つ巾木です。鉄筋造りや鉄筋コンクリートで多く用いられています。素材が柔らかく、容易に曲げられるため、施工しやすいのが特徴です。水分に強く汚れが付きづらい性質もあり、クッションフロアのトイレや洗面所などの水場で使うことにも適しています。また、柔らかさを活かして掃除機などが当たる衝撃を和らげられるのも、塩化ビニルならではの強みです。木巾木と比較して価格を低く抑えることが可能です。

オーダー家具なら大丈夫

そんな建造物にとって非常に重要な役割を担っている巾木ですが、家具の配置の際にでっぱりが邪魔をして壁にぴったり置くことができないなんてことがありますよね。オーダーメイドの家具なら、巾木用のスペースやコード類のスペースもお作りしてすっきりと見せることができます。ちょっとした暮らしの困りごと、お家の快適な暮らしに寄り添えます。ぜひご相談ください。

リフォーム相談会のお知らせ

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|リフォーム相談会のお知らせ

2024年1月28日(日)の10:00~17:00まで

京都府福知山市ショールームでリフォーム相談会を開催いたします。

ご来場ご予約いただけると、嬉しいプレゼント付き!

ぜひ、この機会にご相談ください。

新築完成見学会開催

カテゴリー
TOP|ニュース|新築完成見学会開催

2024年2月2,3,4日(金、土、日)の三日間に新築の完成見学会を開催いたします。

平屋の長期優良住宅のお家です。

要予約でゆっくりと1組ずつご案内いたします。

ぜひ、お問合せ下さい。

コンセントのベストポジション

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|コンセントのベストポジション

家を建てたり、リフォームしたりする時に盲点なのがコンセントの位置!

小さなお子様が居るお家だと手が届くように少し低めにしたり、逆に、触られない様に高めにしたりと様々です。

今回のこちらのお宅は、リフォームをさせて頂いたのですが、その際コンセントを床に収納しました。

小さな穴をあけており、一見してバレにくく、自然な感じになっております。

この場所の近くにソファー家電をおいてご使用するらしく、壁からの配線だと、足を引っかけてしまい、事故につながるのを避けることができます。また、配線が見えていない方がカッコよくなりますよね。

コンセントは、標準は床から25cmくらいの高さにあることが多いそうです。

また、おすすめのコンセントがあると便利な場所もご紹介します。

コンセントのお勧めな場所

  1. ソファーの近くの壁や床
    • 使い方はそれぞれですが、充電器やライトなど、マッサージチェアなど使う時は便利ですよね。
  2. キッチンの作業スペース
    • ミキサーや卓上の電化製品を使う時にあると本当に良いですよね。
  3. 玄関にもあると◎
    • 例えばクリスマスツリーを玄関先に出したり、空気清浄機なども玄関に置くことができます。
  4. 収納スペースも掃除機のコンセント用に
    • 最近の掃除機は、コンパクトで充電式が多いので、収納スペースに置けるのはいいと思います。
  5. 実は便利はデスク上
    • パソコン作業などする場合、必須になってきますね。
  6. ダイニングテーブルの横
    • ホットプレートや、卓上のIH家電を使用する時などに便利です。
  7. ランドリースペース
    • アイロンや、サーキュレーターを使ったりする場面がある場合、便利ですよね。

 

もしも新築やリフォームを考えられるときに、コンセントの高さや場所も一緒に考えてみてはいかがでしょうか?そのご家庭によって便利な高さや場所があると思いますので、一緒に考えましょう!

断熱材の役割や種類

カテゴリー
TOP|施工事例|その他のお困りごと|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|新築・増築|断熱材の役割や種類

寒さが厳しくなるこれからの季節、快適な住居環境を保つために欠かせないのが断熱材です。どんな種類があるか、どう選ぶか、効果的な使い方をシンプルに解説いたします。

断熱材とは

断熱材は建物の天井や壁などに入れる建築資材のことです。建物を外部の気温変化から守り、エネルギー効果を効率的にし、快適な室温を保ちながらエネルギーコストを抑え、環境に優しい建物を作ります。同時に外部からの熱侵入や室内からの熱逃げを減少させ、エネルギー効率向上と共に外からの音を遮断する効果もあり、住みやすい環境を実現します。

断熱材の種類

  • グラスウール…ガラス繊維製の柔軟な断熱材で、建物を保湿し使い勝手がいい。
  • ロックウール…岩石から作られた断熱材で、優れた保湿性と防火性を備えている。
  • 発泡ポリスチレン…軽量で保湿性があり、通常泡やボード状で使う断熱材。

他にも軽量で効果的に発泡ウレタンや、環境に優しいセルロースファイバーなど異なる特性を持ち建築や用途に応じて選ばれます。しかし、放射熱や熱橋、風、地熱などは断熱材だけでは塞ぎきれず、適切な建物設計や対策が不可欠です。

断熱材は、暖かさと快適さをもたらし、環境にもやさしい選択です。当店なら、夢の住まいを現実にするお手伝いができますよ。

土壁のメリット・デメリットについて考える

カテゴリー
TOP|施工事例|その他のお困りごと|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|土壁のメリット・デメリットについて考える

リフォームで、古民家な場合、土壁のお家があります。

土壁のイメージは、皆さんはいかがですか?

ぽろぽろ落ちて掃除が大変そう、昔ながらのスタイルでかっこいい!など様々な感想をお持ちだと思います。 いま、土壁の良さが見直されてきています。

土壁のメリット

調湿作用

部屋内の水分や空気を吸ったり吐いたりして、呼吸する壁と言われています。シックハウス症候群や結露によるカビ対策にも効果的です。

断熱機能

熱や冷気を逃がしにくいという性質を持っています。保湿性にも優れていて、温度変化があまりないのも特徴です。

防火機能

土は、本来燃えにくいものです。高温になっても有害物質が出ないので、安全な防火構造としても認められています。

消臭作用

生活の匂いもとってくれる作用もあります。アレルギーやシックハウス症候群などの有害な物質を無害化してくれる効果も期待できます。

土壁のデメリット

施工期間が長くなる場合がある

何回も塗り重ねて、自然乾燥させて仕上げていくため工期が長くなってしまいます。

業者により出来栄えが変わる

専門的な技術が必要なので、職人さんの腕によって仕上がりが異なってきます。

ひび割れが起こる可能性がある

振動や圧力によって割れてしまったり、劣化が原因の場合もあったります。そうなってくると、塗りなおしが必要になってきます。

崩れたりカビが生えたりする

劣化してぽろぽろと剥がれ落ちてしまいます。そうなった場合は、埃っぽくなしアレルギーやシックハウス症候群が心配になってきます。また、劣化によるカビも発生してしまいますので、もしも、カビを発見した場合は、業者さん相談した方がいいと思います。

生活にあった壁を

昔ながらの技術や日本の風土にあっている土壁。漆喰をぬるなどっ現代風にも対応しています。天然素材を今一度見直してみるのもいいかもしれませんね。

(新築で土壁を使用する場合は要相談な場合があります)

うずくりって何?

カテゴリー
TOP|ニュース|大工こぼれ話|うずくりって何?

うずくり、漢字では、「浮造り」と書くそうです。

うづくりは、木の表面を何度もこすって木目を浮き上がらせる技法で、日本家屋の天井や神社、寺などに使われていたそうです。

また、床材にも適していて、凸凹とした表面になるので、夏には床と足の接地面がすくなくなり、ベタつかず、冬も冷ッとしないのが特徴です。

うづくりの凸凹の陰影や艶が高級感をもたらしてくれて、素足で歩きたい床ともよく言われているそうです。

グランピング施設の工事に、このうづくりの焼き板を使用しました。

木が好きな方にはたまらない高級な材木になります。

昔は、ハエがとまれなきくらい磨き上げろ!と言われていたとか…。

神社やお寺に行ったときなどのに「浮造り」仕上げの床や壁、天井などに注目してみてくださいね。

シンデレラフィットな家具作り

カテゴリー
TOP|施工事例|その他のお困りごと|ニュース|シンデレラフィットな家具作り

皆さんは「シンデレラフィット」という言葉をご存知ですか?

このうえなく形がぴったり合う様を表現する言葉で、「ジャストフィット」よりもフィットしている時に用いられることが多い言い回しです。

靴箱も靴の高さも考えて作ることができる

この言葉を耳にするようになって、私の感覚としては、「ぴったりはまって気持ちいい!」という時に使用する言葉かなと思っています。

オーダーメイド家具

当店の家具はオーダーメイドになるので、フィットするのは当たり前なのですが、はやりぴったりはまるときもちいいですね。

床に沿って湾曲させて作ったドア裾

新築を建てる際や、リフォームの際、その他、ここが困っている、こんなの作れない?などお客様のニーズに応えたいと思っています。

計算された高さの踏み台

隙間収納、背面収納、手すり、踏み台、折り畳み机などなど痒いところに手が届く家具をお作りしています。 既製品よりも価格が高くなってしまいますが、その分品質は保証できます。

作り手の顔が見えるのも安心につながるなと思います。大工ならではの知恵、木の特性なども活かしてお作りしています。

母屋ってなんだろ?よく耳にする大工用語

カテゴリー
TOP|ニュース|大工こぼれ話|母屋ってなんだろ?よく耳にする大工用語

最近リフォームの現場で「もやの上にたる木をかけて、べニア板などを貼り断熱素材を貼る…」と説明を受けます。

と言うことで調べてみました。

母屋とかいて、「もや」と読む

これは、屋根の構造の名前の一部で、一番高い棟木(むねぎ)から下がる垂木を支える部分になります。

棟木と平行で、一番下にある軒桁(のきげた)の間にある木材のことを母屋「もや」と言うそうです。

今回こちらのリフォームでは、ガラス張りだった建物に屋根や壁を付けました。 その時に、鉄骨の母屋に気の母屋をボルトで接合して、普段の屋根の作りの通り垂木をかけて屋根を葺いていきます。

そうすると、断熱もできる屋根が完成するのです。

窓の技術も向上してる

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|窓の技術も向上してる

前回に引き続き、先進的窓リノベの実例をご紹介いたします。

リフォーム中のお家のこちらの窓。

4枚の掃き出し窓と、上にある小窓は潰して、大きな2枚の窓にまりました。

昔は、耐震性や強度などの理由から大きな窓を付けることができなかったようです。

ですが、今は技術が進化したので、壁一面の大きな窓を付けて開放的な空間が演出できます。しかも、断熱性もあるので、以前よりも住みやすくなります。

こちらのリフォームも先進的窓リノベが適応されました。

断熱のポイントも窓!

50年前の窓と比べると、現在の窓の断熱効果は約7倍と言われています。

夏は、約6割、冬は約5割ほど窓からの影響をうけるそうです。

夏の暑さ、冬の冷気も壁や屋根からもあるのですが、

窓から入ってくるので、お家で快適に過ごすポイントは、窓にあると言えるでしょう!

まだ間に合う?先進的窓リノベ

まだまだ暑い日が続いていますが、気づけば10月です。

寒い時期が近づいてきていますね。

先ほどから何回も言っていますが、窓で断熱効果が変わってきます。昔の窓から、断熱性の高い窓に変えるのは、補助金がある今のタイミングかもしれませんね。

まだ悩まれている方は、お早めにご相談ください。

先進的窓リノベ実例

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|先進的窓リノベ実例

既存の窓を省エネ効果の高い断熱窓に改修し、その費用に補助金が使える制度をご存知ですか?

今回は、その補助金を使用した窓のリノベーションをご紹介します。

窓リノベには様々な方法がある

リノベーションは方法や事業者、対象商品などがあり、詳しくはこちらをみていただければと思います。

設置方法は大きく分けて4種類、今回は、内窓工法(内窓設置)で設置しました。

窓の内側にサッシを付けている様子

元々ある木枠にサッシを取り付けて、窓をはめて行く作業で、

一日で11か所ある場所を改修させていただきました。

夏から秋に季節が変わっています。これから来る寒さに対策をするなら今です。補助金ももう少しあるようなので、まずは一回ご相談くださいね。

(*2023年9月時点での話です。)

危なかった場所が、快適空間に生まれ変わる

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|施工事例|危なかった場所が、快適空間に生まれ変わる

50年前に建てられたベランダ、ある日、雨漏りがするとお電話がありました。

雨風にさらされていたので、鉄骨で建てられていたベランダは、錆だらけで危ない箇所がありました。

床には芝が張ってありましたが、全てめくり、元階段があった場所は四角く囲うために、コンクリートを削りました。

危ない箇所は取り除いたり、補正したりして、修理をしながら、今回は、壁の部分に風通しを良くするために、窓を取り付けます。

実は、この工事を開始したのが梅雨時期だったため、屋根板や床をめくっての作業の時は全てブルーシートを屋根に被せ、雨をしのいでいました。

また、錆止めなどを塗る作業は何回も塗装する必要があるので、こちらも雨は大敵です。

ベランダなどの外の作業時には天候に左右されてしまうので、室内での作業とはまた違った大変さがあります。

屋根や壁にはポリカ波板が使用されていましたが、新しいものに取り換えました。

また、新しく窓を付けることによって、風通しがよくなり、洗濯物も良く乾きそうです。

床は、水で綺麗に洗えるように、シートを貼ったりし、長く使ってもらえるようにしています。

使いやすく、尚且つ安全に!末永く住み続けられるようにしていきたいですね。

落ち棟って何?部屋になるの?

カテゴリー
TOP|ニュース|施工事例|リフォーム|大工こぼれ話|落ち棟って何?部屋になるの?

Instagramで、リフォーム中のお家をご紹介中に、この部分は小部屋ではなく「おちむねだよ!」 と、教えていただきました。

「落ち棟」とは

棟とは、屋根を構成する部分の一部です。屋根の棟は、大棟、寄棟などの種類があります。

今回の「落ち棟」とは、大棟よりも、下にある棟のことで、大棟より下がっているので「落ち棟」といいます。 普通、この場所は、部屋というより、納戸のようなスペースになるそうです。

その他用語解説

  • 大棟(おおむね)屋根の中で一番高いところにあり、水平な部分を大棟と言います。端に鬼瓦が乗っています。
  • 降棟(くだりむね)大棟の端から斜めに降りている形式で、洋風、和風の家のどちらにもみられる形式だそうです。
  • 稚児棟(ちごむね)日本家屋特有の棟で、隅棟の先についている短い軒です。神社仏閣などの屋根についている例が多いそうです。
  • 隅棟(すみむね)降棟の先、稚児棟との間にあるのが、隅棟で、神社仏閣の屋根によく見られます。

また、この棟は屋根などで隠れているので、気づかないうちに劣化しているケースもあるそうです。

台風や大雨の自然災害で屋根が破損してしまうケースがあるので、異変を感じたら、メンテナンスもおすすめです。

今回のリフォームは、2階の部屋や廊下をしましたが、この落ち棟の部分も綺麗に磨き、漆喰の壁にしたり、棚を付けたりして、使い勝手の良い小部屋になりました。

家の構造が分かっている大工さんだからこそできる技!

家は心地よい場所であって欲しい。

長く住み続けて、思い出もたくさんできますよね。 大切な場所をさらに心地よくするお手伝いさせていただきます。